20 Jun 2014

Friday 20.6.2014

Self-censorship 5 *

Friday 20.6.2014



1986年に描いたドローイングです。 
ある男が何かを言おうとしていますが、もう一人が、それを阻止しようとしています。
男の口をふさいでいる手は、彼が属している社会のメタファーであるのかもしれません。

民主主義社会において、私たちは自分の意見を言う権利があります。
しかし自分の考えている事を,いつも表現できるとはかぎりません。
時には他人の反応を恐れたり,触れてはならないテーマに神経質になりすぎたりしますから。

以前から、私は’自己検閲’というテーマに興味がありました。
政治や公的な観点からだけではなく、例えば家族、恋人同士、友達などといった様々な個人的な関係でもありうる、’言えない事ーあることを言わない方が物事がうまく進む状況。

もっと深く研究していきたい主題 ’自己検閲’を扱った作品を載せるpage を新しく作りました。
時々のぞいて見てくださいね。

Friday 20.6.2014




Tais-toi! だまれ! 

This is an old drawing, which I did in 1986.

A man is trying to say something, and another man stops him from speaking. This hand which cover his mouth could be a metaphor for the society to which he belongs.

In democracies, we have the right to say our opinion, but even then we can't always express what we really think… because we are afraid of the reaction, we are mindful ‘untouchable’ subjects.

I have always been interested in the theme of self-censorship. It's not only a feature of politics or public life, but also many different kind of private situation, for example within a family, a couple, friends...etc


I have now made a new page called 'Self-Censorship' in order to collect my drawings on the subject, which I intend to work on more deeply.

13 Jun 2014

Friday 13.6.2014





男の子の影を持っていた少女
A girl who had a shadow of boy.
Une fille qui avait une 
ombre de garçon.